FC2ブログ
株式会社 IRIS DESIGN ホーム » スポンサー広告 » 日常生活 » SBC新宿近視クリニックでレーシックを行ってきました!!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SBC新宿近視クリニックでレーシックを行ってきました!!

私事ながら、昨日レーシックなるものを受けてまいりました。

SBC新宿近視クリニックですが、加藤夏希さんの広告でも有名ですよね。

個人的にファンであることは置いときまして

レーシックを行うきっかけになったのが、まず23年間お付き合いさせていただいた

メガネに嫌気がさしたこと。また購入して1年のメガネのフレームを踏んでグラつ

いてしまった事。また、そんな事を妹に話したらレーシックを薦めてきたので

1週間経って受けてみようと思いました。

そこで、店舗選びとなりますが、実は、最初はSBC新宿近視クリニックで受ける

つもりはありませんでした。

というのも、私の妹が●川近視クリニックでレーシックを受けたので、

紹介キャンペーンなどもありそちらで受けるつもりでした。 

そこで紹介キャンペーンについて詳細を聞きたく連絡をしたのですが

そこの電話受付の対応の悪い事悪い事。。。。あまり言いたくありませんが

人を馬鹿にしたような話し方。これは頭にきました。勿論、通話中は私は大人

の対応をしましたが。 一気に醒めましたね。

ここはダメだ。なんか、任せられない。

そこで見つけたのがSBC新宿近視クリニックです。

とりあえず、目の手術なので半日かけて色々なサイト、ブログを見て回りました。

すると多くの芸能人も手術を行っており、しかも、実績が非常にある。

電話で問い合わせた際の対応も品●近視クリニックとは大違いでした。

私も営業なので、人によっては小さい事かもしれませんが、電話応対の印象は

本当に大事だと思いました。丁寧な応対。実績の申し分なさ、術後の永久保障で

SBC新宿近視クリニックに決定致しました。

7月2日に事前検査をおこない、約2~3時間ほどしっかりと検査を行いました。

人は土曜日だったので多かったです。若い方が多いと思ったら幅広い年齢層の方

がおり改めてレーシックの認知度が上がったと思いました。

私が受けたのはプラチナイントラレーシック S-LINEというレーシックで単に

近視、乱視を矯正するだけではなく角膜の形状に合わせレーザーを当てていく

カスタムレーシックです。

手術後の痛みが少なく、手術翌日から見えるとの事でした。

詳細はこちらをご覧ください。

そして、7月18日手術の日が来ました。

当日は非常に緊張しました。健康だけが取り得の私。 もちろん手術など

した事がありません。受付を済ませた後、簡単な目の検査を行い、ソファーに

座っておりました。トイレの回数が自然と多い事に気づきました。

「●●さん 古川さん」

呼ばれました。。。呼ばれてしまいました。 

私ともう一人の方が呼ばれ、エレベータで8階に行きました。

まずは先に呼ばれた方から説明を受けて奥の部屋に向かっていきました。

私は待機です。

待機ですか・・・・いっそ、先にやって欲しかったです(苦笑)

人間緊張感は大事ですが、あまり味わいたくない緊張感ですね。

15分ほど経ちましたでしょうか。私の名前が呼ばれました。

まずは目の麻酔の為の点眼を行いました。

説明をしていただけた女性医師の口調が非常に優しかったです。

このようなシビアな環境にいるとほんの些細な事でも安心したりします。

また、逆にほんの些細な事でも不安になる事があると思います。

麻酔が効き始めた頃、いよいよ、手術が始まります。


まずはフラップを作成する手術。

とりあえず、目を固定されて一点を見ていました。

何をされているのかはもちろんわかりません。大体このフラップ作成に

かかる時間が5分ほどでしょうか。

固定具をつけられたのでその圧迫感が気になる程度でした。

もちろん、痛みはありません。 

あと10秒・・・・あと5秒の秒読みは本当に助かりました。

その後、別室に行き、いよいよ、レーザー照射です。

まずは右目から目にしっかりとシールを張られ固定されます。

あとはただリラックスして指定された光を見つめるだけです。

この時、ふと思いました。

「本当に医学の進歩って凄いなぁ。何をやってるかはわからないけど

これで23年間のメガネ生活とおさらばできるんだなぁと。」

ただ、レーザ照射時のコゲくさいのは精神的にきましたね(w

それでも「いいですよ・・・このままで大丈夫です。」の女性医師の

声に安堵感を覚えたのはハッキリと覚えています。

時間はあっという間だった気がします。

15分もいなかったのではないでしょうか?

術後白くぼんやりします。。。でも、遠くの字がハッキリと

「え?もう、見えるの?」

もちろん、目をはっきり開く事はすぐにはできないのでぼんやりと

薄いのですが確かにメガネ無しで遠くが見えました。

術後はリクライニングシートにて休ませていただけます。

これは本当に助かります。

20分後位経過してすぐに帰宅する事がでました。

入り口を出て横のすぐにトイレに駆け込み鏡を見ました。

やっぱりウルウル状態ですが、はっきりと顔が見えます。

「あらら、俺、シワが増えたな~」

これが22年ぶりに裸眼で自分の顔を見た一番最初に感じた印象でした(w

しばらくゴツイ保護メガネを着用しなければいけませんが、一週間後には

いつもどおりの生活が送れるとの事。

帰りの新宿駅に向かう最中、保護メガネをかけているのでやっぱり裸眼の

感触は味わえませんでしたが光がまぶしい以外はそんなに違和感を感じません。

普通に歩いて、改札を通って、電車に乗る。

裸眼時には考えられなかった事が今、出来ています。

しかも術後1時間も経っていません。

最初の不安はなんだったんだろうかと思うほどあっけないものでした。

もう、レーシックも世間から認知され、今や一般的なものになりつつ

あります。コンタクトレンズ、メガネも悪くはありませんが、長い目で

みてコスト、手間がかかるんじゃないでしょうか?

術後、まだ一日経っておりませんが、今はこうして何事もなかったかのように

長文ブログを書いております(あまりオススメは出来ない行為だと思いますが。)

頭と顔は諦めているので、せめて目だけでもよくなりたいという希望を

叶えてくださったSBC新宿近視クリニックのスタッフの皆様方に

本当に感謝いたします。

本当にこんな簡単にメガネ、コンタクトと別れるくらいなら早くやっておけばよかったと

後悔しています。

レーシック・・・・オススメです。


スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://irisdesign.blog81.fc2.com/tb.php/2-23290b11

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。