株式会社 IRIS DESIGN ホーム » スポンサー広告 » 日常生活 » 安愚楽牧場の債権者説明会 IN 神戸

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

安愚楽牧場の債権者説明会 IN 神戸

実は私も資産運用のひとつとしておこなっていた
安愚楽牧場。
7年間もやっていたのに・・・飼い犬に手を噛み千切られた気分だ。
自己責任の投資だが、どうしても詐欺に近い形なので腹が立って仕方が無い。

8月17日に神戸市須磨区で、
株式会社安愚楽牧場 の 債権者説明会 が開催されました。
謝罪、破綻に至った経緯、弁済方針、
その他、再生手続きの流れや債権届け出などの説明があり、
質疑応答が行われた。
■主な質疑応答


債 : 7月15日に安愚楽牧場からオーナー宛に届いた報告書では原発被害は国や東京電力が補償すると書かれてあるが現在はどうなっているのでしょうか?

安 : 現段階では国がどのような補償をするか、公式見解は得ていない。東京電力に関しても請求額や請求時期はまだ決まっていません。


債 : 通常、オーナーが解約した時のための準備金が用意されているはずではないのか?


安 : 資産の蓄積が十分ではなかったのは事実だが、ここまでの被害は想定していなかった。


債 : 申立代理人弁護士が安愚楽牧場から以来を受けたのはいつか?


安 : 7月26日です。


債 : オーナーから集めた約4207億円は何処に行ったのか?


安 : オーナーへの配当金や牧場の購入費用、税金などと聞いているが、それだけでは約4207億円には至らないので、詳細は調査します。


債 : 約4330億円の負債があって、事業継続したいとはどういうことだ!!!


安 : 生き物を扱っており、事業を継続しないと2次被害がでてしまう。


債 : 民事再生から破産に移行することになったら、全く弁済はないのか?


安 : 破産になったから全く弁済がなくなるというわけではない。


債 : 和牛は保険にはいっていると聞いているが、保険は適用されないのか?


安 : 病死、事故死などには対応しているが、放射能に関しては適用外となっています。
スポンサーサイト
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://irisdesign.blog81.fc2.com/tb.php/3-635960ba

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。